【クラウド編】意外と知らない基礎知識!現役SEが教えるITリテラシー

ITリテラシー

テレワークの推進などで「クラウド」という言葉を耳にすことが増えてきました。

でも、「クラウド」って何?聞かれて種類やサービスの内容まで答えられますか?

”データを共有するやつ?”

それだけではないんです。

そこで今回はクラウドの種類や仕組みについて解説したいと思います。

 

クラウドとは?

クラウド(クラウド・コンピューティング)とは、インターネット経由でさまざまな ITサービスをオンデマンドで提供するサービスの総称です。

クラウドの誕生の以前は、個人のコンピュータや会社のパソコンなどに個別にデータを保存していました。

しかし、スマートフォンやタブレット端末の普及や、テレワークの推進に伴い、いつでもどこからでもデータにアクセスできる環境が求められるようになりました。

そこで、インターネット経由でさまざまな ITサービスを利用できるクラウドサービスが注目されるようになりました。

 

クラウドの仕組み

個人のコンピュータのリソースやソフトウェアに依存することなく、クラウドサービスを提供する企業にアクセスすることで、いつでもどこからでもクラウドサービスは利用することができます。

クラウドサービスの特徴として、必要な時に必要なものを使う自由度の高さ使った分だけお金を払う課金システムがあります。

クラウドサービス自体は、提供会社が管理します。

したがって、ユーザー側はソフトウェアのアップデートやセキュリティ管理などの手間を省くことができます。

 

クラウドの種類

クラウドサービスは、4つのサービスに分類することができます。

SaaS(サース)
PaaS(パース)
IaaS(イアース、アイアース)
DaaS(ダース)

 

SaaS

SaaSは、「Software as a Service」の略称です。

ユーザーはソフトウェアを購入したり、インストールすることなく、ネットワーク経由で利用できるサービスです。

ユーザー側にソフトウェアをインストールするのではなく、ベンダー(サービスの提供者)側でソフトウェアを起動し、ユーザーはそれをインターネット経由でブラウザなどからどこにいても利用できます。

”Gmail” などのメールサービスや、”WordPress” などのブログサービスなどがあります。

PaaS

PaaSは、「Platform as a Service」の略称です。

クラウド上にアプリケーションが稼働するためのデータベースやプログラム実行環境プラットフォームを提供するサービスです。

アプリケーションの開発環境を丸ごと提供するサービスになります。

Amazon Web Services (AWS)Google App Engine (GCP)などの、パズル感覚でアプリケーション開発ができるサービスが有名です。

 

IaaS

IaaSは、「Infrastructure as a Service」の略称です。

サーバーやネットワークなどのインフラをインターネット経由で提供するサービスです。

SaaSやPaaSと違い、ハードウェアのスペックやOSなど選択・設計の自由度が高いです。

サーバやネットワークなどのインフラの専門的な知識が必要となります。

Amazon Web Services (AWS)Microsoft Azureが有名です。

 

DaaS

DaaSは、「Desktop as a Service」の略称です。

デスクトップ環境をインターネット経由で提供するサービスです。

ディスプレイとキーボード、マウスなど操作端末を用意すれば、どこからでも同じデスクトップ環境に接続できます。

テレワークの推進に伴い、導入を進める企業も増えています。

Windows Virtual Desktop(WVD)などがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました