【五大装置】意外と知らない基礎知識!現役SEが教えるITリテラシー

ITリテラシー

ITパスポートの勉強をしていると「五大装置」という用語を見たことのある方も多いと思います。

そこで本日は、「五大装置」について解説したいと思います。

 

五大装置とは?

人間が見たり・聞いたり・触ったりして頭で考えて行動を起こすように、パソコン(コンピュータ)も、入力・記憶・演算・制御・出力をします。

この一連の動作を行う装置のことを「五大装置」と呼び、大きくわけて5つの機械で構成されています。

五大装置
・入力装置・・・パソコンに情報を入力するための装置
・記憶装置・・・記憶する装置
・演算装置・・・プログラムの処理を行う装置
・制御装置・・・他の装置の制御をする装置
・出力装置・・・演算装置の結果を人間に伝えるための装置

 

入力装置

キーボードやマウスなどのユーザーからパソコンに情報を入力するための装置です。

人間で言うところの「」「」「」に当たります。

 

記憶装置

記憶装置は、「主記憶装置」「補助記憶装置」にわかれています。

 

主記憶装置は、メインメモリメモリと呼ばれており、実行中のプログラムを記憶しておく装置です。

人間で例えると、勉強や仕事をするときの「机の大きさ」に当たります。

机が大きい方が勉強も仕事もはかどるように、一般にメモリが大きいほどパソコンの処理速度が速くなります。

 

補助記憶装置は、ストレージと呼ばれており、データを長期間保存しておくために使用します。

磁性体を使ってデータを記憶するハードディスクドライブ(HDD)と、半導体メモリを使ってデータを記憶するソリッドステートドライブ(SSD)、光学的に記録・再生を行う光ディスク装置(CD、DVD、ブルーレイ)などがあります。

これは人間で例えるまでもなく、保存できる容量です。

パソコンであってもスマホであっても、256GBなど保存できる容量は決まっています。

 

演算装置

あらかじめ主記憶装置に格納してあるプログラムを実行し、演算を行う装置です。

インターネットの閲覧やアプリの実行だけでなく、パソコンの起動や画面の表示など、パソコンで行われていることの全てが、この演算装置で処理された結果です。

演習装置と制御装置をまとめて中央処理装置(CPU)と言います。

人間で言うところの、「頭で考える」ことに当たります。

制御装置

他の装置の制御をする装置です。

人間で言うところの、「呼吸すること」や「歩くこと」に当たります。

呼吸や歩くことは意識しなくてもできます。これは、脳が勝手に体全体を制御してくれているので可能になっています。

これと同じように、制御装置は装置全体が上手く機能するように制御しています。

 

出力装置

ディスプレイ(モニタ)やプリンタ、スピーカーなど、演算装置の結果を人間に伝えるための装置です。

人間で言うところの、「走る」「歩く」「話す」ことなど最終的な動作に当たります。

 

まとめ

五大装置
・入力装置・・・パソコンに情報を入力するための装置
・記憶装置・・・記憶する装置
・演算装置・・・プログラムの処理を行う装置
・制御装置・・・他の装置の制御をする装置
・出力装置・・・演算装置の結果を人間に伝えるための装置

五大装置はパソコンに限らす、スマホやタブレッド、プリンターなど、どのコンピュータにも搭載されている装置です。

ですので、みなさんもコンピュータをただ使うだけではなく、どれがどの装置なのか考えながら使ってみるのもおもしろいかもしれませんね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました