連続増配ETF【VIGとは?】特徴やメリット・デメリットなどわかりやすく解説

ETF

セミリタイアだったりFIREを目指して、資産運用ついて勉強していると「VIG」という言葉を聞く機会も多いと思います。

でも実際、VIGと言われてもアルファベットだけでよくわからないよって経験ありませんか?

そこで本日は、VIGについて特徴やメリット・デメリットも含めてわかりやすく簡単に解説したいと思います。

VIGとは?

VIGとは、バンガード社が運用する正式名称を「バンガード・米国増配株式ETF」と言う、NASDAQ USディビデンド・アチーバーズ・セレクト・インデックスのパフォーマンスへの連動する投資成果を目指している米国のETFです。

10年以上連続して増配の実績を持つ米国普通株で構成されており、ウォルマートやマイクロソフト、P&Gなど安定的に利益を生み出している企業が多く含まれています。

 

VIGの特徴

VIGの概要・分配金推移・構成銘柄・セクター別構成比率・基準価額・トータルリターン・特徴について以下にまとめています。

概要

PFF
運用会社バンガード
設立年2006年4月21日
資産総額523.25億ドル
(約5兆4459億円)
経費率0.06%
配当利回り(税込み)1.60%
構成銘柄数212銘柄

※2020年12月7日時点

 

分配金推移

分配金増配率年末株価値上がり率配当利回り
2019$2.134.72%$124.5527.16%2.18%
2018$2.046.18%$97.95-4.00%2.00%
2017$1.925.10%$102.0319.78%2.25%
2016$1.830.38%$85.189.54%2.35%
2015$1.8214.76%$77.76-4.19%2.24%
2014$1.5914.19%$81.167.87%2.11%
2013$1.39-1.56%$75.2426.31%2.33%
平均$1.816.25%$91.9811.78%2.20%

※配当利回りは年間分配金を前年末の株価で割った利回りです。

 

構成銘柄・セクター別構成比率

構成銘柄は全部で212銘柄あり、上位10銘柄で全体の34.60%を占めています。特に一般消費財セクターや資本財セクターが上位を占めており、2つで全体の53.2%になります。

10年以上連続して増配の実績を持つ米国普通株で構成されており、ウォルマートやマイクロソフト、P&Gなど安定的に利益を生み出している企業が多く含まれています。

 

構成銘柄
VIGの上位10銘柄セクター構成比率
ウォルマート生活必需品4.57%
マイクロソフトテクノロジー4.43%
P&G生活必需品4.15%
ジョンソン&ジョンソンヘルスケア3.62%
ホーム・デポ一般消費財3.57%
ユナイテッドヘルス・グループヘルスケア3.55%
ビザテクノロジー3.40%
ザ・ウォルト・ディズニー・カンパニー電気通信2.69%
コムキャット電気通信2.35%
アボットラボラトリーヘルスケア2.27%

※2020年12月7日時点

 

セクター別構成比率
セクター構成比率
一般消費財22.7%
資本財20.5%
ヘルスケア14.9%
テクノロジー12.1%
生活必需品10.4%
金融7.9%
公益5.8%
素材2.8%
電気通信2.8%

2020年10月31日時点

 

基準価額

※上記の「VIGチャート」をクリックすると大きなチャートが見れます。

 

トータルリターン

※2020年12月7日時点

 

特徴

特徴は以下の通りです。

・連続増配銘柄で構成されている
・安定的に利益を生み出している企業が多く含まれている
・S&P500と同じような値動きをしている
・VYMよりトータルリターンが高い
・VTより時価総額が大きい

VIGは、10年以上連続して増配の実績を持つ米国普通株で構成されており、ウォルマートやマイクロソフト、P&Gなど安定的に利益を生み出しているディフェンシブ銘柄が多く含まれています。

S&P500と同じような値動きをしており、高配当ETFであるVYMよりトータルリターンが高く、全世界ETFであるVTより時価総額が大きいのも特徴です。

 

高配当ETFであるVYM・SPYD・HDVについては、こちらをご覧ください♪

 

VIGへ投資するメリット

VIGへ投資をすると、以下のメリットがあります。

・ディフェンシブ銘柄に分散投資ができる
・キャピタルゲインも期待できる

では、それぞれについて解説していきます。

ディフェンシブ銘柄に分散投資ができる

VIGは、10年以上連続して増配の実績を持つ米国普通株で構成されています。

配当金とは、企業が得た利益の一部から株主へ支払うものです。

つまり、長期間連続増配ができる企業はウォルマートやマイクロソフト、P&Gなど安定的に利益を生み出し続けている企業であり、VIGには景気動向に業績が左右されにくいディフェンシブ銘柄が多く含まれています。

 

キャピタルゲインも期待できる

VIGは、S&P500連動ETFであるVOOと似たような値動きをしています。

VOOよりもディフェンシブに、キャピタルゲイン狙いの投資をすることができます。

VIGへ投資するデメリット

VIGへ投資をすると、以下のデメリットがあります。

・高配当ETFと比べると分配金が少ない

では、それぞれについて解説していきます。

高配当ETFと比べると分配金が少ない

連続増配ETFと言っても配当利回りは1%代であり、3〜6%ある高配当ETFと比べると少し物足りなく感じます。

インカムゲイン狙いの投資よりかは、ディフェンシブにキャピタルゲインを狙う投資に向いています。

 

まとめ

VIGについてまとめると以下のようになります。

特徴
・連続増配銘柄で構成されている
・安定的に利益を生み出している企業が多く含まれている
・S&P500と同じような値動きをしている
・VYMよりトータルリターンが高い
・VTより時価総額が大きい

メリット
・ディフェンシブ銘柄に分散投資ができる
・キャピタルゲインも期待できる

デメリット
・高配当ETFと比べると分配金が少ない

 

あわせて読みたい
高配当ETF【VYMとは?】特徴やメリット・デメリットなどわかりやすく解説
高配当ETF【SPYDとは?】特徴やメリット・デメリットなどわかりやすく解説
高配当ETF【HDVとは?】特徴やメリット・デメリットなどわかりやすく解説

高配当ETF【PFFとは?】特徴やメリット・デメリットなどわかりやすく解説
米国投資で今話題!【VOO・VTI】図や表を使って米国ETFを徹底比較
高配当投資で今話題!【VYM・SPYD・HDV】図や表を使って米国高配当ETFを徹底比較
ハイテクETFで今話題!【QQQ・VGT・VOX】図や表を使って米国ETFを徹底比較
インデックス投資で今話題!【VT・VTI・VOO】図や表を使って米国ETFを徹底比較
米国ETFについて
セミリタイアについて

高配当ETF
【VYMとは?】特徴やメリット・デメリットなどわかりやすく解説
【SPYDとは?】特徴やメリット・デメリットなどわかりやすく解説
【HDVとは?】特徴やメリット・デメリットなどわかりやすく解説
【PFFとは?】特徴やメリット・デメリットなどわかりやすく解説
高配当投資で今話題!【VYM・SPYD・HDV】図や表を使って米国高配当ETFを徹底比較
連続増配ETF【VIGとは?】特徴やメリット・デメリットも含めてわかりやすく解説

ハイテク株ETF
【VGTとは?】特徴やメリット・デメリットなどわかりやすく解説
【VOXとは?】特徴やメリット・デメリットなどわかりやすく解説
【QQQとは?】特徴やメリット・デメリットなどわかりやすく解説
ハイテク株ETFで今話題!【QQQ・VGT・VOX】図や表を使って米国ETFを徹底比較
クラウド株ETF【CLOUとは?】図や表を使ってわかりやすく解説
ソーシャルメディア株ETF【SOCLとは?】図や表を使ってわかりやすく解説
eコマース株ETF【EBIZとは?】図や表を使ってわかりやすく解説

グロース株ETF
【VUGとは?】特徴やメリット・デメリットなどわかりやすく解説
【VONGとは?】特徴やメリット・デメリットなどわかりやすく解説

米国株ETF
全世界投資【VTとは?】特徴やメリット・デメリットも含めてわかりやすく解説
全米投資【VTIとは?】特徴やメリット・デメリットも含めてわかりやすく解説
S&P500連動【VOOとは?】特徴やメリット・デメリットも含めてわかりやすく解説
【VT・VTI・VOO】図や表を使って米国ETFを徹底比較

債権ETF
【AGGとは?】特徴やメリット・デメリットなどわかりやすく解説
【BNDとは?】特徴やメリット・デメリットなどわかりやすく解説

ゴールドETF
【GLDとは?】特徴やメリット・デメリットも含めてわかりやすく解説
【GDXとは?】特徴やメリット・デメリットも含めてわかりやすく解説
【GDXJとは?】特徴やメリット・デメリットも含めてわかりやすく解説
ゴールド投資で今話題!【GLD・GDX・GDXJ】図や表を使って米国ETFを徹底比較

コメント

タイトルとURLをコピーしました