【VYM・SPYD・HDV 】2020年9月分配金比較・米国高配当ETF

高配当ETF

VYM・SPYD・HDVの2020年9月分配金が全て発表されてある程度時間が経ちましたので、それぞれの配当利回りとチャート、トータルリターンをまとめ・比較しました。

 

VYM・SPYD・HDV

VYMとは?

VYMは、バンガード社が運用する正式名称を「バンガード米国高配当株式ETF」と言う、米国高配当ETFです。

同じく米国高配当ETFであるSPYDとHDVと比べると、トータルリターンが一番高いのが特徴です

 

VYMについて詳しくはこちらの記事をご覧ください♪

 

SPYDとは?

SPYDは、ステート・ストリート社が運用する正式名称を「SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF」と言う、米国高配当ETFです。

同じく米国高配当ETFであるVYMとHDVの分配金利回りが3~4%であるのに対して、SPYDは3%~6%の高い分配金利回りが特徴的なETFです。

 

SPYDについて詳しくはこちらの記事をご覧ください♪

 

HDVとは?

HDVは、ブラックロック社が運用する正式名称を「iシェアーズコア米国高配当株 ETF」と言う、米国高配当ETFです。

モーニングスター配当フォーカス指数に連動しており、予想配当利回りが市場平均を上回る銘柄にさらに、モーニングスターがスクリーニングしています。

 

HDVについて詳しくはこちらの記事をご覧ください♪

 

配当利回り・分配金比較

配当利回り

日付VYMSPYDHDV
2020/09/253.49%3.82%4.22%

※2020年9月29日時点

 

分配金

VYMSPYDHDV
2020/09 $ 0.7053$ 0.2636$ 0.8508
2020/06$ 0.8368$ 0.3657$ 0.8795
2019/06$ 0.7864$ 0.4477$ 0.8574
増配率(前期比)-15.7%-27.9%-3.3%
増配率(前年前期比)-10.3%-40.1%-0.8%
配当利回り3.49%3.82%4.22%

※2020年9月29日時点

 

チャート比較

基準価額

過去5年間の基準価額の増減割合の比較です。

青がVYM茶色がSPYDオレンジがHDVとなっています。

過去5年間の基準価額ではVYMが1番増加しており、次いでHDVSPYDはマイナスになっています。

コロナショックからの戻りがSPYDだけ特別に遅いことがわかります。

 

トータルリターン

過去5年間のトータルリターンの増減割合の比較です。

緑がVYM青がSPYD黄色がHDVとなっています。

過去5年間のトータルリターンではVYMが1番増加しており、次いでHDVSPYDとなっています。

SPYDは基準価額の増減割合ではマイナスになってますが、トータルリターンで見るとプラスとなっています。

 

まとめ

今回の分配金発表ではVYM・SPYD・HDVのすべてが減配されました。

その中でも、HDVは財務状態が健全な企業をスクリーニングしており減配率が最も低かったので、今回の減配発表で最も評価されました。

逆に、SPYDは均等分散型の投資で比較的に小型銘柄の割合が高く、コロナショックの影響を最も受けてしまいました

このように、それぞれの特徴が表れており、今後の動きに注目です。

あわせて読みたい
【VYM】2020年9月分配金・米国高配当ETF
【HDV】2020年9月分配金・米国高配当ETF
【SPYD】2020年9月分配金・米国高配当ETF

【VYM・SPYD・HDV 】2020年9月分配金・米国高配当ETF
【VYMとは?】特徴やメリット・デメリットも含めてわかりやすく解説
【SPYDとは?】特徴やメリット・デメリットも含めてわかりやすく解説
【HDVとは?】特徴やメリット・デメリットも含めてわかりやすく解説
【VOOとは?】特徴やメリット・デメリットも含めてわかりやすく解説
【VTIとは?】特徴やメリット・デメリットも含めてわかりやすく解説
米国ETFについて
セミリタイアについて

コメント

タイトルとURLをコピーしました